• スライド8
  • スライド7
  • スライド6
  • スライド5
  • スライド0421
  • スライド3
全撮影データつき ・ 衣裳アップ料金なし ※一部アイテムを除き、追加のかからないオールインプライス 49,800円〜

今月のキャンペーン campaign

banner1

banner1

banner1

ギャラリー gallery

banner1

フェイスブック facebook

日本語

ENGLISH

お知らせ infomation

2018.11.17

神戸で結婚式をお考えの方へ|前撮りをしておいたほうがいい理由をお伝えします

「結婚式の前撮りってみんなするものなのかな?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
前撮りをすることのメリットはあまり知る機会がありませんよね。
今回はそんなあなたに、前撮りをしておいた方がいい理由をお伝えしたいと思います。

□前撮りのスタイル
まず、前撮りはどのようなに行われるのかについてお伝えします。
前撮りの基本的なパターンとして、大きく2つに分類されます。
「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」です。

*スタジオ撮影
スタジオ撮影は、前撮りを依頼した業者が所有しているスタジオ内で行われるものです。
屋外の場合もありますが、屋内の場合は天候に左右されることもなく撮影が可能という点で安心してスケジュールを組むことができます。

*ロケーション撮影
ロケーション撮影は、季節を感じられる場所での撮影(花畑や紅葉など)や、思い出の地に赴いて撮影するものです。
スタジオで着替えやメイクを済ませたあと、ロケ地に向かうことになります。
天候の影響を受ける可能性はありますが、景色の綺麗な場所や思い入れが深い場所での撮影が可能だということで人気の撮影方法となっています。

□前撮りのメリット
ここからは前撮りをするメリットについてお伝えします。

*納得のいく写真を撮れる
時間の制限はもちろんありますが、撮りたいポーズで写真を撮ることができます。
結婚式当日は、プロのカメラマンが撮影をしてくれますが、新郎新婦はホスト側として、ゲストをおもてなししなければなりません。
そのため、ゆっくり時間がとれずなかなか思い通りの写真を撮ることができないことも少なくありません。
前撮りをすることによって、当日満足のいく写真を撮れなかった場合の対応ができます。
また、結婚式では着る予定のない衣装を着て写真を撮れることも大きなメリットです。
様々な衣装での撮影は、新しい自分を発見できるという点でも非常に魅力的ではないでしょうか。

*結婚式当日に写真を使用できる
結婚式では、ウェルカムボードやオープニングムービーなど、新郎新婦2人の写真や動画を使用することが多々あります。
また、招待状に2人の写真を載せるなど、前撮りで撮った写真を使える場面が多くあるのです。
前撮りの写真を使用することをあらかじめ決めておけば、結婚式前の準備が忙しいときでも慌てずに写真を選ぶことができます。

□まとめ
今回は結婚式の前撮りについての基本的なパターンと、前撮りをするメリットについてお伝えしました。
前撮りについて悩んでいた方のお助けになればと思います。
和装での前撮りをお考えの方は、ぜひ「神社・前撮り結婚式.COM」までご連絡ください。
お待ちしております。

2018.11.13

奈良で和装の結婚式をお考えの方へ|髪飾り選び、順調ですか?

「結婚式、和装にチャレンジしようかな」
「和装って、どんな髪飾りを使うんだろう…」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
和服を普段着ることがない分、どのような髪飾りがあってどのように合わせたらいいのかなど知る機会は中々少ないですよね。
今回はそんな疑問を解決するために、和装の髪飾りの種類や合わせ方についてお伝えします。

□髪飾りの種類
和装に合わせる髪飾りは、大きく4種類に分類されます。

*生花
近年人気のある、生花を使ったアレンジです。
結婚式を挙げる時期に合った花を合わせることで季節感を出すことができます。
大きな花でインパクトを強くしたり、小さい花を散らして可憐な印象を与えたり、組み合わせ方は様々です。
難点は、花の状態が読めないとことです。
生きた花を使うために、最も良いコンディションのものを用意できるとは断言できません。
そういった場合には、ドライフラワーを使用する方法もありますので、事前に相談してみると良いでしょう。

*造花
「花の飾りを使いたいけれど、生花では不安…」という方におすすめです。
生花のような完成度の造花も作られており、季節関係なく好みの花を選ぶことができます。
しかし、作りが粗雑なものも少なくないため、購入の際には十分に検討する必要があります。

*つまみ細工
これは、日本の伝統的な工芸品の1つです。
手作業で作られており、繊細なかわいらしさをプラスすることができるでしょう。
和装に合わせることを前提として作られているため、全体として統一感を出そうと思う方におすすめです。
生花と合わせて使用することも可能で、細かなパーツとして使うのにも向いています。

*水引
水引は「結ぶ」「つなぐ」という意味を持ち、縁起物として古くから使われてきました。
花をモチーフにしたものや、祝いの席にふさわしい鶴をかたどったものなど、様々な結び方があります。
ゴールドやシルバーなど、光に当たって輝く色を使用しているものが多く、華やかさを手軽に取り入れられます。

□髪飾りの合わせ方
たくさんの種類の髪飾りがありますが、選ぶ基準として考えたいのは、打掛の色とデザインです。
あえてちぐはぐな組み合わせにすることも可能ですが、やはり統一感のある髪飾りを選ぶことで良い印象になることでしょう。
打掛のベースカラーが赤であれば、髪飾りも赤系の色を中心に探す、打掛のデザインが花柄であれば、花をモチーフにした髪飾りを選ぶなど、常に打掛とセットで考えることでまとまりのある仕上がりになるはずです。

□まとめ
今回は、和装に合う髪飾りやその選び方についてご紹介しました。
一般的な4種類の髪飾りをお伝えしましたが、近年は和装に洋風の髪飾り(リボンやヘッドドレスなど)を合わせて使用することもあります。
選択肢がたくさんある中で、納得のいく髪飾りが見つかると良いですね。
和装での結婚式について、ご質問等ございましたらぜひ私たち「神社・前撮り結婚式.COM」までご連絡ください。
お待ちしております。

2018.11.09

奈良で結婚式をお考えの方へ|和装と洋装、どっちにする?

「結婚式の衣装、和装と洋装どっちにしよう?」
「どちらも魅力的な花嫁衣装だから、決められない」
という方、多いのではないでしょうか?
今回はそんなお悩みをお持ちの方に、和装と洋装それぞれの特徴や最近の風潮についてご紹介します。

□和装の結婚式
白無垢、色打掛、引き振り袖…
日本の伝統的な花嫁衣装として、根強い人気のある和装での結婚式。
ここでは和装の特徴についてお伝えします。

*和装に隠された意味
和装またはそれに合わせる髪型には、それぞれ意味があります。
例えば、白無垢は未婚女性の象徴であり、「夫、またはその家に従順な嫁になります」という意味を持ちます。
何色にも染まっていない純粋な状態での結婚を表します。
また、白無垢には綿帽子を合わせることが一般的ですが、この綿帽子は「結婚するまで夫以外に顔を見せない」という意味を持っています。
このように、それぞれの衣装には異なる意味が込められているのです。

*和装のメリット
和装の結婚式では、下記のようなメリットが考えられます。

・洋装にはない上品さ、奥ゆかしさを演出できる
・日本の伝統的な「和」を体感できる
・年配の方からの支持が高い
・肌の露出が少なく、日本人の体系に合った作りになっている
・人前での口づけに抵抗がある方におすすめ

*和装のデメリット
また、このようなデメリットも考えられます。
・洋装よりも費用がかかる
・動きづらい(軽く、動きやすい仕様のものもあります)
・支度に時間がかかる

□洋装の結婚式
真っ白なウェディングドレスを着て、チャペルで結婚式。
誰もが1度は憧れる花嫁の姿ですよね。
ここではそんなウェディングドレスでの結婚式の特徴をお伝えします。

*ウェディングドレスの種類
様々なデザインのウェディングドレスがありますが、その大まかな分類を述べていきます。

・Aライン
ウエストからボトムにかけてアルファベットのAの文字のようにゆるやかに広がっていき、身長を高く見せる効果があります。

・マーメイドライン
海で泳ぐマーメイドを連想させる、優美なドレスです。

・プリンセスライン
映画に出てくるお姫様のような、かわいらしい印象を与えるドレス。

・エンパイアライン
胸下で切り替えのあるドレスで、動くとひらひら揺れて爽やかな印象を与えます。

・スレンダーライン
ボディラインにフィットし、縦のシルエットを強調します。

*洋装のメリット

・動きやすいものが多い
・短時間で着替えられる
・デザインが豊富
・アクセサリーと合わせやすい
・和装よりも価格が抑えられる

*洋装のデメリット

・和装よりも肌の露出が多くなる
・他のドレスとの差別化がしにくい

洋装では、これらのメリット・デメリットが考えられます。

□最近の風潮
最近は、洋装での結婚式を行うことが多いようです。
しかし和装人気も高まっており、どちらも着てみたいという花嫁さんが多くいらっしゃいます。
そのため、披露宴にて洋装から和装にお色直しをするという方法が人気となっています。
洋装から和装への切り替えは多少時間がかかってしまうのですが、一生に1度の結婚式ですので、後悔のない選択をしようという方が増えているのです。

□まとめ
今回は、和装と洋装の特徴や人気となっている方法についてお伝えしました。
どちらも捨てがたいという方は、ぜひ和装と洋装両方にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

topへ戻る